12月07日水曜日のご予約状況
・10:00~/・11:30~/・13:00~/・19:30~/
・・・上記以外の時間帯空きがございます!
ご予約はお早めに!!

各種施術・料金

お悩みの症状鍼灸適応症美顔・美容に合わせて、はり・灸・手技・吸玉などを行います。

「鍼灸院シーワン料金表」 (税込)

初診料 2,000円

鍼灸施術基本

(45分)

7,500円

仰向け・うつ伏せ施術により全身調整を目的に行います。

はり・灸・手技療法

(60分)

9,000円

鍼灸施術基本の後、手技療法(ストレッチなど)を施します。

はり・灸・手技療法

(30分)

4,000円

疲れている部分に鍼灸施術を行います。

おわん灸・赤外線

(30分)

4,000円

おわん灸と赤外線でお身体を温める施術です。

美顔・美容鍼

(90分)

19,000円

鍼灸施術基本の後に、お顔中心に施術を致します。

美顔鍼

(60分)

13,000円

お顔を中心に施術致します。

吸玉

(30分)

5,000円

筋肉のコリや緊張がひどい時には少しの期間、皮膚にあとが残ることがあります。

※お一人おひとりに合わせた施術をいたします。
※お着替えは上記料金に含まれております。
※鍼(はり)はすべて使い捨て鍼です。

施術着(男性用、女性用M~3Lご用意しています)

鍼<はり>は、すべて使い捨てです。

施術の際は、グローブを着用しています。

鍼灸施術風景<灸頭鍼>

自賠責保険取扱

治療の流れ

  1. ① 病院で診断書を頂きます。
  2. ② ①の診断書を警察に提出し、人身事故で取扱して頂きます。
  3. ③ 当院にご連絡ください。
  4. ④ 保険会社の担当者様に、通院することをお伝えください。
  5. ⑤ ④でご了承頂き次第、鍼灸治療を開始致します。

交通事故に遭遇されますと、想像以上の衝撃を体に受けてしまいます。

事故直後に自覚症状がない場合もあり、後日になり大変な思いをされる方もいらっしゃいます。先ずは病院に行き、精密検査を受けられるのがよいと思います。

鍼灸院シーワンは、交通事故による精神的な不安、ショック、ストレス等などを考慮しながら、患者様の早期回復に向けて鍼灸施術をしています。

交通事故に遭遇した時の症状

むちうち・手足の運動障害・めまい・頭痛・耳鳴り・首の痛み・肩の痛み・背中の痛み・腰の痛み・関節の痛み・倦怠感など

[参考] トラブルを避けるため、鍼灸施術までの手続きでご注意いただきたいこと

被害の程度により警察に届けずに、済ませてしまう場合も見受けられます。これは道路交通法違反であり、後々トラブルが発生することが多いものです。

また、場合によっては、被害者、加害者、共に交通事故認定ができず、保険適応が受けられない場合があります。必ず、警察に連絡してください。

事故に遭った直後は、興奮しているため痛み等を感じずに、翌日以降に症状が出ることも良くあります。必ず診察を受け、診断書を発行してもらいましょう。

人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出することになります。

その際、必ず診断書はコピ-しておいてください。

交通事故損害保険会社の担当者様によっては『鍼灸施術は認められない』と言われる場合がありますが、これは担当者様の認識不足です。

自賠責保険を支払う料率算定機構は鍼灸の施術が認めております。また、患者様には医療機関を選択する権利があります。

『鍼灸は認められない』このようなことを言われた場合は当院にご相談ください。

「はり・きゅうは絶対にダメ」「接骨院はいいけど、鍼灸院はダメ」と言ってくる担当者様が多いのが実態です。

しかし、裁判所は「原則として、施術を受けるについて医師の指示または同意があれば、鍼灸の施術費についても、賠償の対象となる」ことを認めています。

交通事故のむちうち損傷と鍼灸施術について

病態

自動車の交通事故の外傷性に多いです。首が強制的に早いスピ-ドで前後に曲げられることにより、首の部分の脊骨にある靭帯や神経が引き伸ばされ、首の関節にも大きな力が加わります。この力により靭帯や、周囲の組織に炎症が出現します。この変化はレントゲン写真やMRIなどの検査ではわかりません。

むち打ち症は、「頸椎捻挫(けいついねんざ)」の1つで、骨や椎間板、靭帯には損傷は伴わず、検査によっても、神経症状がみられないことをいいます。

車が後ろから追突された瞬間、首は強く後ろに反り、次いで前屈するように振られます。自分の車が追突した場合は、強く前屈します。この衝撃によって、強く首に痛みが起こります。

症状

むち打ちの症状は、首、肩だけではなく、背中の痛み、頭痛、吐気やめまい、手のしびれなどにも及ぶ場合も多いものです。

かなりの時間が経ってから頭重感、目の疲れ、体全体のだるさ、腰が重いなどの自律神経失調症状が出てくる場合もあります。「不安で熟睡できず、疲れが取れない。」「椅子に座っていると腰が痛む。」「ひざが痛み階段が下りられない。」「肩から背中が張って苦しい。」など日常生活に支障が出てきます。症状の程度や続く期間は、必ずしも事故の大きさと一致しませんので、油断せずに、交通事故にあわれたら、なるべく早い段階から鍼灸治療を始めることをおすすめいたします。まずはご相談ください。

どの部分を傷めたのか、どうすると痛むのか原因を見つけ、東洋医学的な診察の基、全身の状態を視ながら、最適な鍼灸治療を進め、コリを和らげ血行を促進し、痛みやしびれなど辛い症状を改善していきます。

労災保険取扱

鍼灸院シーワンは、労働災害保険の取扱機関として認定されています。

治療の流れ

  1. ① 事故に遭遇した場合、勤務先の担当の方から鍼灸院用の用紙(負傷日時・事故発生状況を記入した用紙)を頂いてください。
  2. ② 当院にて、患者様に、はり・きゅう診断書をお渡しします。
  3. ③ 病院で担当医にこの診断書に記入をして頂きます。
  4. ④ ①の用紙と、③の用紙を当院にお渡しいただき、治療を開始致します。

仕事中のケガは労働災害保険、通勤中のケガは通勤災害保険を適応して治療を受ける事ができます。

治療費は、労働基準監督署の支払いとなりますので、患者様の自己負担金はありません。

労災保険の適応になる事故

  • 通勤途中階段から落ちケガをした。
  • 業務中にイスに乗って棚の上の物を取ろうとした際に落ちてケガをした。
  • 業務中に重い物を待ちあげた際に腰を痛めた。